Archives for : Mac

【Mac】VMware Fusion がフリー化した

Mac で VMware の仮想マシンが動かせる『VMware Fusion』がなんと提供終了となり、
代わりに『VMware Fusion Player』として新登場。しかも無償化(個人利用の場合)

えー・・ VMware Player って、だいぶん機能制限された個人向けのショボいやつでしょ・・・

と思ったら、Fusion と比較して機能制限はされなくてスナップショットも使えるんですって。
俺、毎回金払ってたと思うんですけど。正気?

VMware、個人利用に限り無償化された仮想化アプリ「VMware Fusion 12 Player for Mac」のライセンス登録サイトを公開。
https://applech2.com/archives/20200916-vmware-fusion-12-player-personal-licence.html

注意

macOS 10.15 Catalina からしか使えません。
なので私は現状インストールできてません。

Windows10 のライセンスについて

以下にまとめておきました。パッケージ版買ってください。

公式サイト

ちなみに商用利用する場合は税抜 16,350 円です。
https://store-jp.vmware.com/vmware-fusion-12-player-5424172800.html

機能差についてザックリ見てみると・・・

〇Player / Pro
・P2V、V2V
・CLI 操作
・USB3.1
・スナップショット

〇Pro のみ
・VM の暗号化
・仮想ネットワーク機能
・フルクローンの作成
・リンククローンの作成

・・・と Player でも旧 Standard と謙遜ない機能。

あと英語版のサイトでは、
> as well as new CLI support for local Kubernetes clusters and OCI containers.
https://www.vmware.com/products/fusion/fusion-evaluation.html

ってあるからコンテナも実行可能なんスかね?
一応 仮想化屋さんの片隅にいるワタクシとしても気になるので、
インストールして試す時間取れたら追記しますネ。

ライセンス発効まで

My VMware のアカウントを作って以下の URL から登録します

https://my.vmware.com/web/vmware/evalcenter?p=fusion-player-personal

VMware Fusion Player – Personal Use License の画面で「Register」を押下
なお、日本語だとなぜかこの画面に行きつかないので、画面上部の地球みたいなアイコンから US を選んでください。

おう、おま国 とはいい度胸だなテメェ!!

Accept End-User License Agreement 画面が表示されるので、
個人情報を確認入力し「SIGN UP」。
なんか「SIGN UP」がグレーアウトしたままになったり挙動が怪しいので、バグったと思ったら F5。

SIGN UP すると、ライセンスキーが発行されています。

ダウンロード

Mac で同じサイトにアクセスするとダウンロードが可能になっています

インストール

dmg ファイルをダウンロードしたら実行で早速インストール

なんやて工藤

 

rekordbox と OBS Studio による DJ+VJ 配信(Mac+Win)

はじめに

新型コロナウィルスの爆発的感染が懸念される今日このごろ、
まるで戦時下の様相を呈してまいりましたが、皆様は健康にお過ごしでしょうか。

ワタクシは4月中頃からテレワークに突入しており、週イチでカイシャに行く感じですが、
仕事するだけならカイシャのほうが楽なんだなぁと思う次第であります。
いや、仕事したいわけじゃないんだけどね。

さて、前回は Mac でワンストップな VDJ 配信をしましたが、
今回は配信用 PC を準備(しかも Windows )という構成でチャレンジしてみました。

といっても考え方は 前回 と一緒ですので似通った部分は割愛しますね。

構成

今回は映像周りが大きく変わってます。

音声はオーディオインターフェースの刺さる場所が変わっただけですね。

手元カメラについて

前回 は OBS と rekordbox が同じ Mac で動いていましたので、
そのままウィンドウキャプチャで rekordbox のフェーダーを見せることが出来ましたが、
今回は配信用 PC は Windows なのでそうもいきません。

じゃあ手元をカメラで映すかって事で、スマホを Web カメラ代わりにするアプリを入れました。

DroidCamX Wireless Webcam Pro
Google Play で手に入れよう

無料版でも良いのですが 有償版は画面の反転が出来るので、
DDJ-RB の向こう側に三脚を立てているにも関わらず、
あたかも上から撮ったような視点でキャプチャ出来ます。

500円とかだし、このご時世なのでサクッと買っちゃいましょう。
PC にレシーバを入れると簡単にキャプチャ出来ました。

※今回は気まぐれで Androidにしていますが、
iPhone の同様のアプリでも OK です。iVCam とか有名ですね。

iPad 映像について

前回 は QuickTime の画面収録を応用するという力技でしたが、
今回は配信 PC が Windows なのでこの手は使えません(使えたらごめん)

iOS には AirPlay という、対応モニタにディスプレイ出力をワイヤレス転送する機能がありますが、
これを Windows 上で再現して ディスプレイ表示してくれる便利ソフトがありました。

LonelyScreen | 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lonelyscreen/

多分、iOS の操作マニュアル作ったりするのに使うソフトなのかなーって思ったりしますが、
さいわい、映像もモタつきが気にならない程度には動いてくれたので、
これを利用する事にしました。

「映像キャプチャデバイス」として OBS に入力できます。

配信画面

これらを駆使して出来上がったのがこちらの画面。

この画像を見て「え・・?」みたいに思われた方は、
ぜひアーカイブが残っている間に御覧ください。

2020/4/26 ゲームミュージック DJ 配信#VGMDJ
https://www.pscp.tv/w/1ypJdQBMOZrxW?t=4m8s

いやー、配信 PC 分けるとなんとなく安心感がありますね。
今度は Twitch でも試してみたいですねー

まとめ

コロナはマジでくたばれ

rekordbox と OBS Studio による DJ+VJ 配信(Mac)

はじめに

新型コロナウィルスの蔓延が懸念される今日このごろ、
皆様は健康にお過ごしでしょうか。

ワタクシは今のところ罹患していない(無症状という方が適切か?)のですが、
この国難の前に出演予定だったイベントも飛んでしまったのであります。
ああ、コロナが憎い。ガッデム

Twitter の TL を見ると、同じくイベントが取りやめになった DJ さんが配信をしています。
これをみて「あ、なんか面白そう」って思ったので真似した次第です。

Mac の環境の記事あんまり見当たらなかった事もあり、書き残しておこうと思います。

(追記)
なお、後に PCDJ と配信 PC を分ける構成でも実践し、記載しています。
ご参考になれば幸いです。

rekordbox と OBS Studio による DJ+VJ 配信(Mac+Win)
https://www.twinfami.com/20200428_streaming_dj2

環境

私は DJ に加えて映像も流す VDJ スタイルでやることが多いので、
それも加えて配信できるよう、今回は以下のような構成としました。

使用した機材:
・Mac:Macbook Pro 2017(2.4GHz / 16GB without Touch bar)
・DJコントローラ:DDJ-RB
・オーディオインタフェース:YAMAHA MG10XU
・iPad

使用した配信サービス:
Periscope

DJ + VJ でだいたい CPU 使用率 20% くらい、
配信開始で 25% くらいに落ち着いていました。(ファンは回った)

CPU は良かったのですが、USB バスパワーが限界だったのか、
電源挿しているのにバッテリーが減っていくという恐怖演出が。

もう少し最適化がいるかも知れませんな。

音声について

設定を駆使すれば、rekordbox dj から OSB Studio に直接音声を流し、
かつ PC スピーカーから MASTER OUT のモニターも取れます。
一見ベストですが、CUE モニターが出来ないトラップに気づきました。

それを回避するため、rekordbox dj からDDJ-RB に音声を流し、
RB の MASTER OUT からオーディオ I/F に渡すという折返しの構成にしました。

この入力は OBS Studio からは何故か「マイク入力」として認識されましたが、
無事に配信の音声に乗りました。

OBS Studio の配信時、インジケーター振れてるのに配信音声に乗らないときがありました。
インジケーターだけを信用せず、テスト配信で音声が乗っているか必ず確認しましょう。
(スマホとかで確認できるはず)

※ちなみにオーディオ I/F の MG10XU は完全にオーバースペックです。
楽器触ってる関係でたまたま持っていますがもっと安価なもので OK です。

動画について

VJ 用ソフトを使わずプレゼンテーションソフトを使っているので、
iPad の Keynote の画面を Mac に取り込んで出力させています。
特別な機材は不要で、QuickTime の画面収録で iPad の画面が表示できるので、
それを OBS Studio の「ウィンドウキャプチャ」によって取り込んでいます。

Mac の Keynote でできないかと思ったんですが、別ウィンドウでの取り込みが NG なのと、
流石に rekordbox と同時に操作が出来ないですよね。

あと、このウィンドウキャプチャを使って rekordbox dj の画面を選択して、
それを配信に乗せることもできちゃいます。
画面を右クリック→「変換」から、見せる範囲を指定する事もできます。

この例では、フェーダー部分だけを切り抜いています。(左下)
右上の #VGMDJ は OBS Studio でテキストを入れています。

配信サービスについて

今回は Periscope を使っています。
理由としては「すでにスマホにインストールしていたから」です。
最近は Twitch が流行ってるみたいですね。

解像度を 640 x 480 くらいに落としてたので画質はたいそう悪かったです。
もう少し上げても良かったかも?

今回の DJ 配信

上記の構成で 2020/04/04 15:00 〜 16:00 で DJ 配信しました。

アーカイブ残ってるみたいですね。
セットリストは以下のとおりです。

あとがき

今回はソロ配信という感じでしたが、複数者音声通話などのサービスを更に活用して、
VJ 役の人が映像とともに配信すれば、全員リモートで配信イベントできちゃうかもしれませんね!

それにしても、ほんとコロナくたばらねぇかな