rekordbox でプレイ済の曲をたくさん持ちだすノウハウ

DJ
この記事は約6分で読めます。

お断り

私は CDJ についてあまり理解していませんので、もっと良い方法があるかも知れません。

はじめに

BPM SYNC フル活用な PCDJ なんてやっていますので、rekordbox か GODJ Plus をメインで使っており、DVS 以外で CDJ なんて使う日が来るなんて思っておりませんでした。
しかしながら、最近は CDJ-900NXS ~ CDJ-2000NXS といった日本語対応の CDJ を触らせて頂ける機会を頂戴し、憧れの USB DJ なんかにも近づけるようになってきました。

私はセットリストを組んでプレイすることがほとんどですので、
セットリスト考える → CUE 打ってプレイリスト作る → USB にプレイリスト書き出し
だけで準備が済んでいたのですが、セトリを組めない状況(B2B など)とか、
お客さんでイベントにお邪魔したけど「おい、岸和田 DJ やってけ」みたいなシチュエーションには対処できませんでした。
いや、やっぱり憧れますやん?USB 一本だけあれば直ぐ DJ できる人

なのでこれを何とかしようと思いついて試したものです。
あまり DJ の事を人に聞くもんじゃねえよなーと勝手に思ってるのであまり人には聞かないタチなのですが、どなたか様の参考になれば幸いでございます。

コレクションの書き出しの検討

私の rekordbox のコレクションには Mac のミュージック(旧 iTunes)のデータがとりあえずそのままブチ込まれていて、だいたい1万8000曲くらいのゲーム音楽が入っています。DJ で使うことのない曲とか、まだ聞いたことない曲もたくさん入っています。つまり聞くためだけの曲もたくさん入っています。

DJ で使う曲というのは前述のとおりプレイリストを作ってそれを書き出す訳ですが、セットリストなしでやる場合はそうもいきません。

コレクションを全部プレイリストに出しちゃえば?

コレクション全体の USB へのエクスポートというのは(多分)出来ないのでどうやって書き出すかを考える必要がありますが、単純に思いつく方法はコレクションを全部選択して、1つのプレイリストにまとめちゃうことです。

しかし、1万曲を超える中から掛けたい曲や候補曲を 手早く引くのは簡単ではありません。

曲聞いてるとか準備中でキュー打ってるとか。とにかく DJ 中じゃなければ別にどうでも良いのですが、
プレイ中であれば、CUE を打っていない曲は候補ピックアップの邪魔になります。ゲーム音楽 DJ なんて 1ループ1分もないことがザラなのでもっと大変で大慌てです。(Video Game Music DJ を CD で出来る人ホントすげえよな…)

加えて、1回エクスポートしたらおしまいではなく、随時更新していく必要もありますので無理なく管理するための運用ワークフローも考えなければなりません。

仮に全曲プレイリストで運用するのであれば毎回書き出し用プレイリストにも追加しないと、CD 1組買う度に 100曲くらいコレクションに追加されるのが当たり前のゲーム音楽 DJ においては、どの曲をプレイリスト追加したのかがワケワカラン事になります。

まあ面倒ですわね。私は無理。

インテリジェントプレイリスト機能を使って「使った曲」だけをエクスポート

このような場合に rekordbox の「インテリジェントプレイリスト」を使うことで解決できそうと考えました。

インテリジェントプレイリストはユーザが指定した条件にマッチする曲を検索し、その結果をプレイリストとして扱う機能です。スマートプレイリストといったほうが分かりやすいか。
IT 屋さんっぽく言えば動的プレイリスト。データーベースでいうと VIEW。(しつこい)

さて、この指定する条件の中に「再生回数」があることが分かりました。
なので「再生回数が1以上」の動的なプレイリストを作れば、少なくとも1回以上は rekordbox で再生された曲というのが保証されますから、

・少なくとも DJ で流せる
・CUE を打っている
・流したことがあるので曲の構成を抑えている

という 可能性が高い 曲だけが選抜されたプレイリストが自動で作れますし、追加条件で DJ で使う BPM 域の曲だけにすれば、かなり実用的に絞り込めます。

私の場合も 18,000曲から 900 曲くらいまで候補を絞り込むことが出来ました。

運用管理の面でも動的プレイリストなので手動で曲を追加する必要はなく、このインテリジェントプレイリストを定期的に USB メモリに上書きエクスポートするだけで手早く更新完了です。

カンペキじゃん!

やりかた

プレイリスト部で右クリックし「新規インテリジェントプレイリストを作成」

『次の「すべての」条件を満たす』を指定し、
・「DJ プレイ回数」:1回以上 (1以上でも良い)
・「BPM」:DJ で使う楽曲の BPM 範囲(75~180 くらい?人による)
で「OK」

作成したインテリジェントプレイリストの内容を確認し、右クリック→プレイリストをエクスポート

この USB メモリを CDJ に挿入して プレイリスト「PLAYED」を選択すると、使用頻度の高い楽曲を使うことが出来ます。

インテリジェントプレイリスト内の曲を BPM ソートする

この記事を公開してから Twitter で教えて頂きました。
ありがとうございます!

書き出されたプレイリストの順番は曲の追加順になりますが、勝手に曲が追加されるインテリジェントプレイリストではこれが出来ません。
従って、毎回 CDJ で BPM ソートを掛けることになるのですが・・・

rekordbox で デバイス内の プレイリスト内の曲を BPM ソートしてから、
曲順をリナンバする」を選択することで、BPM ソートされた状態になります。

プレイリストを更新するたびに行う必要がありますが、
事前に rekordbox で準備するのと、現場で DJ プレイ直前に準備する・・・
・・・のどちらが良いかは、言うまでもありませんよネ! :)

番外編:TribeXR との連携

この書き出した楽曲の Contents フォルダを Oculus Quest 2 にコピーすることで、TribeXR の提供する仮想 CDJ-3000 でもこの楽曲群を使うことが出来るようになります。

【Oculus Quest:VRDJ】Tribe XR とrekordbox を連携させる

今回紹介したインテリジェントプレイリストだけで即興 DJ してみました。

※音量調整ミスったのでめっちゃ音割れてるけど。

タイトルとURLをコピーしました