【GODJ Plus / OVO】JDSound 倒産

仙台の音楽機器ベンチャーJDSoundが破産へ 開発投資先行、内部混乱も

音楽機器ベンチャーのJDSound(ジェイディーサウンド、仙台市)は26日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。帝国データバンク仙台支店によると、負債額は2018年12月末時点で約1億1900万円。

仙台支店によると、同社は別の機器会社の仙台事業所が独立する形で12年に設立した。音楽再生機器の設計・開発を手掛け、持ち運び可能な小型DJ機器「GODJ(ゴーディージェー)」などの自社商品を販売。高い技術力が注目され、18年12月期の売上高は約1億3300万円に上った。

16年の「新しい東北 復興ビジネスコンテスト」で大賞を受賞。17年には経済産業省の「地域未来牽引(けんいん)企業」に選ばれた。19年にはクラウドファンディングで約9500万円を調達して携帯型デジタルスピーカー「OVO(オヴォ)」を発売。海外展開にも着手していた。

一方で、設立当初から開発投資が先行し、生産量の少ないスポット受注が中心で債務超過に陥っていた。19年9月、韓国出身の役員に創業者が解任される内部の混乱があり、大半の従業員が退社。今年1月15日付で事務所を閉鎖した。

https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/202002/20200227_12021.html

本当に残念なことに GODJ Plus を送り出した 仙台の JDSound が倒産となりました。
なお、これに伴い ファームウェア/マニュアルをダウンロードできるページ を用意しました。

 

ちょっと思い出話とか。

私は GODJ Plus クラウドファンディングの最初期の投資に参加していました。

クラウドファンディングにしては開発状況をこまめに発信し続けられ、
遅れは生じたものの安心出来たと思います。

 

到着後も(エゴサ によるw)積極的なサポートが受けられたので大変満足でした。

DDJ-RB で DJ をしていた私も徐々に GODJ Plus でのプレイに慣れ、
いつしか大きめのハコでの出演でも使えるメイン機材に昇格していました。

札幌のゲームセンターで唐突に DJ させて頂いたこともありましたね。
こういう機動力にものを言わせるシーンというのもあったのです。

デコレーションしたり。

なんと NewsPicks の GODJ Plus 取材を受けることになったり。

セカオワも愛用、誰にも真似できない「日本の音」の秘密

https://newspicks.com/news/4017736/body/

この頃にはほとんどの出番で PCDJ を使わなくなっていました。

そして・・・

という創業者の方から いきなりの発表が。
そのまま2ヶ月後には日本事務所の閉鎖、倒産となっちゃいました・・。
GODJ Plus は最初期から見続けていただけに、本当に残念・・。

JDSound 日本法人の中の人達の今後のご活躍を記念する他ありません。

私に出来ること?

ファイナルロットだけ Made in Korea になっちゃったり、
初期不良対応がなかったり、サポートが終了してしまったり。
2019年11月以降は残念なニュースだけになってしまいました。

それでも、最後まで残られサポートに努められた技術の方を見てると、
やりきれない気持ちになります。(私がファイナルロット購入者じゃないからというのもあるが)

マニュアルと最新版ファームウェア、
じきに見られなくなるだろうサポートフォーラムの情報の保全、
そして情報の発信。

これらが出来ることなのかなとぼんやり思います。


初期ロットだったこともあり2回くらい修理に出したのですが、
GODJ Plus をもう修理に出すこともかなわないので、
ダメになるその日まで大事に使っていきたいものです。

#もともと CF の製品は修理できない前提だとは思うのですが。

Comments are closed.