SIMフリーiPhoneで格安なデータ通信!(MVNO編 part2)

前記事:SIMフリーiPhoneで格安なデータ通信!(MVNO編)

前略、破格とも言えるヒューレット・パッカード社の6ヶ月プリペイドSIMカードを
SIMフリーiPhoneに挿して活用しまくってたワタクシですが、
先日、ついにこの日を迎えました。

6ヶ月の期限切れ

度数切れみたいなメッセージが表示され通信が出来ません。

残されたモバイルデバイスは役に立たないAndroid、P-07D。

ああ!なんてこった!
2台目iPhoneが使えない生活がこんなにツラいなんて・・・
それほどまでに携帯電話に依存し、
侵蝕されていたのであります。

そもそも侵蝕されてないと2台目でMVNOとか使わねーよ
とかいうツッコミはさておき。

安くて優秀なサービスを求め、半年前と同じく見積もりを取り始めるのでした。

【評価ポイント】
・「あくまでもメイン使用の2台目」
ぶっちゃけメイン機からのテザリング操作が面倒なので導入する
・プランは最小限のものを選択
2台目だし。
・使用用途はWebに加え、VPN経由のssh。RDPもするかも
多分9割はTwitterとWeb。
・iPhone4Sのため、LTEは評価しない
・無料で高速通信出来るなら加点
・課金による高速通信はしないので評価しない

【見積もり対象】
OCN モバイル ONE
天下のNTTグループの提供。(旧称:OCN モバイル エントリー d LTE 980)
docomoのデータプランと食い合ってないか勝手に心配。
高速通信クーポンは30MB/日、使い切ると200kbpsに減速。

IIJmio高速モバイル/D
ここも大手のキャリア。
大手なのにNTTとかメガキャリアに比べるとマイナーに見えてしまう。
高速通信クーポンは500MB/月、使い切ると200kbpsに減速。

いやあ、どちらも半年前よりサービス良くなってるなあ。

【評価】
・月額費用
OCN:980円
IIJ:945円
どっちも大して変わりません。

・縛り
OCN:特になし
IIJ:利用開始日の翌月末日まで(実質なし)
同じですね。

・解約時
OCN:SIMカードが返却されない限り請求
IIJ:SIMカードが返却されない事による請求はなし
結局レンタル品なので結局は返さなければなりませんが、
IIJのが緩い感じですね。
今後の規約変更等で変わるかもしれませんが。
解約→返却確認の間に月またいで請求なんて事にはならなさそうです。

・無料高速通信量
・OCN:30MB/日
・IIJ:500MB/月

ここでも大きな違いが。
OCNは一日の高速通信が30MBを超過した場合、翌00:00まで200kbpsになります。
IIJは一月の高速通信が500MBを超過した場合、翌月まで200kbpsになります。

あくまで私の使い方としては常時200kbpsで十分なので、
30MBより500MBを一気に使えることのが重要です。
IIJの利点としては高速と低速を任意のタイミングで切り替えられるという凄いことが出来ます。
これが出来ないOCNでは、スマホが裏でコソコソ行う
どうでもよい通信で貴重な30MBを使いきってしまうことでしょう。
特定のタイミングでドカンと500MB使えれば、
ちょっとした動画配信だって可能です。

【追記 2013/10/25】 余った500MBは翌月に持ち越される模様。すげえ!

って訳で今回はIIJに軍配があがりました。
OCNも期待したのですが、私の使い方的には一歩及ばず。

高速と低速の切り替えのアプリのスクリーンショットを掲載しておきます。
とてもシンプルですが、残り通信量とかもわかって便利。
(アプリじゃなくてWebでも切り替えられます)
写真 Sep 11, 11 03 47

・・・これ書いてる間にiPhone5Sがdocomoから登場とかいうニュースが飛び交ったので、
そのうち私もMVNOやめてiPhone5Sに回線統合するかも知れませんけどネ。

Comments are closed.