OS X MavericksでVMware Fusion6体験版

MacbookAirのOSをMarvericskに更新し、稼働時間と実用メモリがもっぱら増えたとの噂なので、
Windowsを動かそうとVMWare Fusionの体験版を入れてみました。

VMがちょっと前まで美味しいキャンペーンとかやってたのに見逃してしまったのですが・・。

とりあえず体験版入れてみて、気に入ったらライセンス購入する感じです。
VMwareなので、体験版動作中にライセンスキー入れたら製品版になります。

ダウンロードとインストール

VMware Fusion5までは、「アクト・ツー」という国内代理店がパッケージを取り扱っていたのですが、
Ver6からは、VMware公式からのダウンロード販売に一元化されました。

VMware Fusion: Mac 上での Windows の実行, Mac Lion 向けの仮想化: Fusion の無償評価版 | VMware 日本

何より痛いのが値上げ!7952円!ひい!

とりあえず体験版は無料なのでインストールしてみます。特にトラブらずにインストール。

OS起動

Windows7のISOを突っ込んでライセンス有効化して起動させました。
ついでにOfficeも入れました。

シングルモード

「シングルモード」でOSが起動しました。特にカクつくこともなく軽快に動作。

 

「フルスクリーンモード」も問題なく動作。

フルスクリーン起動

このフルスクリーンモードですが、なんと新しくMacにデスクトップを作成してくれます。
ミッションコントロール画面で見ると右上に増えてますね。

ミッションコントロール

だから、MacbookAirの3本指操作でMacからWindowsにサッて切り替えたりできます。
なかなかインパクトでかい。

フルスクリーン

次に「ユニティモード」。

他のフルスクリーンだとかシングルだとか分かりやすい名前と違って、
私の足りない英語力では何が出来るのか想像さえできないこのモード。

ユニティ起動

MacのFusionのアイコンから、WindowsのスタートみたいなメニューをたどりExcelを選択

ユニティ

MacのiTunesとExcelが同居しています。

こんな感じでシームレスに使うことが出来るんですね。
流石にMacのFinderからファイルのドラッグとかは出来なさそう
・・・だが設定によっては出来るのか?

どうやって実現しているのかというと、

ユニティ詳細

アプリケーション以外の部分を非表示にしてるんでしょうかね。多分。
アプリケーションを仮想化するThinAppとは違った趣があって面白い機能ですね。

ってわけで気に入ったのでライセンスの購入したいと思います。

このエントリもユニティモードで起動した「Windows Live Writer」で書きました。

Comments are closed.