スペランカー攻略へ向けて

スペランカー攻略へ向けての基礎知識から、トラップ、テクニックを紹介。

~基礎知識~

ステージ構成
「スペランカー」は4つの面から構成され、
第4面の奥までたどり着けばエンディングとなる。

各ステージは赤と青の扉で出口が閉まっており、
これを開く鍵を入手するのが主なゲームの流れ。

各ステージは下方向のリフトで連結されており、
一度降りると前のステージには戻れない。
なお、各面のクリア時に残機が1つ増える。

スペランカーのミス
スペランカーのミスには

・トラップに引っかかる
・一定の落差から落ちる
・ガス、コウモリのフン、オバケ、フラッシュに接触する
・爆弾の爆発に巻き込まれる
・空気が0になる

などがある。
BGMが流れた後、復帰ポイントからすぐに復活するので連続死亡に注意。

復帰ポイント
スペランカーがミスした場合は、

・最後に取ったアイテム
・最後に乗ったエレベータ
・最後に乗った噴水リフト

のうち、最後に取った(乗った)場所から再スタートする。
ただし、鍵は復帰ポイントにはならない
これを利用して鍵を取ってすぐに自殺するショートカットも存在する。

~基本アクション~

ジャンプ

Aボタン
スペランカーをジャンプさせることができる。
方向キーを押しながらで横にジャンプさせることができる。

発砲

Bボタン
マシンガンを発射して幽霊を倒すことができる。
撃っている際はスペランカーが硬直し、動けないため間合いに注意。
エアを消費するので無駄撃ちは禁物。

爆弾セット

↓ + Bボタン
爆弾をセットする。岩にセットすれば発破できる。
半径 画面の4分の1程度離れないと、
スペランカーが爆発に巻き込まれてしまうので注意。
当然、爆弾を持っていないと使えない。

フラッシュ焚き

↑ + Bボタン
照明弾を打ち上げてコウモリを追い払う。
スペランカーが追い払った後の照明に当たるとミスとなるので注意。
コウモリがいないところで使うと照明は出ない。
また、4周目以降はカギを取るのに必要。
当然、フラッシュを持っていないと使えない。

~ロープ & ハシゴアクション~


このゲームで最も死ぬ確率が高い、要となるアクション

つかむ
ジャンプ、または↑

離す
足がつく高さで↓、または左右ボタン
もちろん足がつかない高さでやるとミスとなる。

飛び移り

左右ボタン + Aボタン
ほんの一瞬だけ十字ボタンを先に押すこと。
足がつく場所だと、結構な高さから飛び降りることができる。

~全ステージ共通の設置物 & トラップ~

石像

1~3面の最後においてある目印。
ドアを開いて通過すると残機が1つ増える。
同時に石像のすぐ右にリフトが現れ、道が開かれる。
復帰ポイントにはならないので注意

ドア(赤・青)

鍵があれば開くことができる。

階段

いたるところに配置されている。
ジャンプで昇るときは左右位置の調整をしておくと安全。
逆から降りると落差でミスとなるが、普通間違わない。

リフト

いたるところに配置されている。
たまに地面との間が開いているので落ちないように。
落差がある上に銃は撃てないので、
特に長いステージ間リフトでオバケが出たら死亡フラグ

波打つ地面

原理は不明だが、波打っているので進みづらい。
ジャンプで突破しよう。
銃が撃てないのでオバケには注意。



道を防いでいるので、爆弾で発破する必要がある。
飛び乗ると落差でたまにミスとなる。



触れるとスペランカーがジャンプしてしまう。
ミスにはならないが、穴などの組み合わせでミスとなることが多い。

ガス

石と同じグラフィックだが、一定時間ごとにガスを噴出する。
ガスが出ている間に触れるとミスとなる。
コウモリと組み合わせた悪質なトラップが存在する。

なお、周回を重ねるとガスの噴出する間隔がメチャクチャ速くなる。

くぼみ

下まで落ちるとミスとなる。
途中ならミスではないが、復帰には慣れがいる。(後述)

落とし穴

近づくと足場が消え、落ちるとミスとなる。
石と組み合わせた悪質なトラップが多い。

~テクニック紹介~

引っかかり対処

ジャンプが足りないと、引っかかることがある。
その場ジャンプで復帰することができる。

くぼみ対処

ジャンプが足りないと、引っかかることがある。
反対の方向ボタンとジャンプを同時押しで脱出できるが、
少しでもタイミングが狂うとミスとなる。

ガス+コウモリ対処

上に下にと、面倒な組み合わせ
ガスが噴出した瞬間にフラッシュを焚くと、
ちょうど通れる。

アイテム飛び越し

アイテムはジャンプで飛び越すことができる。
うまく飛び越せば、復帰ポイントの調整、自殺ショートカットや、
帰り道にエアを補給したりとプレイが楽になり、相当の戦略性が生まれる。

~心構え~

ミスしても焦らないこと。

いや、マジで。

少しでも気が動転すると、物凄い勢いでミスを重ねることになります。
このゲームは覚えゲーであると共に、メンタルゲームでもあるのです。
死んでゲラゲラ笑い飛ばすくらいの精神力が必要です。