さわやかの為に静岡行きました

Twitterのタイムラインに定期的に現れる美味しそうなハンバーグ。『さわやか』
ふとコレが食べたいと思いつき、旅行いこうぜ!って感じになりました。

題して

作戦名オペレーション『サイレント・ヒル』

オッサン&さわやか
〜ハンバーグ大作戦です!〜

はい、すみませんでした。

ちょうどガルパンのDVDを買ったところなので、
OPムービーでMAD動画を作ろうとしましたが、
時間的に厳しかったのと、作った所で公開しづらいのでやめました。

内容的にはOPのタイトルの代わりに上記の画像、
サビの部分でさわやかのCM映像が次々に流れるとかそんなつまらないことを考えていました。

まあ、私の話はどうでもいいや。

行程

新大阪〜名古屋:新幹線
名古屋〜静岡:レンタカー

静岡泊

静岡〜名古屋:レンタカー
名古屋〜新幹線:新幹線

うん、カンペキなプラン!
なお、レンタカー内では例によってゲーム音楽流しまくるDJごっこしました。
でも1曲めはゲーム音楽じゃなくて「名古屋はええよ やっとかめ!
名古屋だし。

炭焼きレストラン さわやか 浜松高丘店


着いた!(道中は割愛)

外見はいかにもファミレスって感じです。

20人くらい店内に居たので2時間待ちくらい覚悟した所、
なんと30分くらいの待機で席に案内してもらえました。
超行列店ともっぱらのウワサなので、幸運でした。


店名ではなくて『炭焼き』をアピールしまくってるネオンサインとか、
木目調で統一された店内とかでワクワクしていると・・・


出た!名物の げんこつハンバーグ!!!

シートを持つように指示され、店員さんがでっかいナイフで
俵型ハンバーグを2つにスライス、熱い鉄板に押し付けて仕上げます。
ソースを掛けた後にお客様へ引き渡し。

アッー!

ツナギが少ないのでしょうか、ハンバーグというよりは
お肉をそのまま食べているような感覚になります。
いわゆる肉汁とかは少なめなのですが、もう肉汁なんていらない!

これで1180円くらいだったと思うので静岡の人、うらやましすぎませんか?

牧の原SA(上り)

次の目的地の途中に向かう途中に立ち寄ってサービスエリアで、
お茶の詰め放題がやってました。
静岡の雁がね茶ですが、普段から雁がね茶飲んでるので個人的には有難いサービス。

三保の松原

三保の松原に1度行ってみたいと思いましたので行くことに。
みほのまつばらですよ、つまり西住みほ!(お前そろそろ黙れ)

神の道』という有難い道を通り・・・

奥の坂と松原を抜けるとそこには富士山が

海岸に降りることも出来ますが、ちょっと足元悪いです。

望遠ズームレンズで富士山を撮影

いい眺めでしたので、オッサン3人で記念撮影取ったりしました。ああ楽しい。

富士川SA(上り)


しらす丼を食べました。
なにこれ?!美味しい!!!!

今まで食べたSAグルメ暫定1位。

なごみ亭

ホテルに到着したので静岡おでんでも食べに行こうぜ!
って繰り出したもののサッパリ見当たらず。。(または満席)

やさぐれながら入った居酒屋『なごみ亭』。
『牛すじ煮込み』もどーせ大したことないんだろって思ったら、
想像していた3倍以上は余裕で美味しかったので一同軽く混乱しました。
金箔なんて載せちゃってまあ。

お店の人、ごめんなさい。

でも金賞を獲ったという唐揚げはそれほどでも・・でした。
お店の人、ごめんなさい。

道の駅 ふじおやま

露天温泉に浸かりながら一行はノリと勢いで「クルマで富士山登ろうぜ!」とかはしゃいでいいましたが、
スタッドレスタイヤやチェーンなどの装備が不十分である事から、見送りとしました。
我々の行動規範が、無計画に安全にとかそんなんなので仕方がありません。
だって大人だもん、悲しいけど。

富士の氷穴とか行こうという話になりましたので道の駅に寄り道しながら向かうことに。

やあ、きれい。富士は日本一の山とは良く云ったもんです。
しかし天気が良かったのはここまで。後は曇りと暴風雨の中の移動に・・・

鳴沢氷穴

富士の麓の青木ヶ原の地下洞窟・・というか竪穴
無数の氷柱が連なっており、落ちたら行きては出られないという地獄の入口も。
ライトアップもされてて中々幻想的・・・
なんですが、相当姿勢を低くしないと通れない道もありますから、
大きめのカバン持ってきた場合には、入って3分で後悔することでしょう。

由比PA(下り)

もう一つの目的地へ向かう途中に、隠れた名所を教えて頂いたので行ってみることに。

見渡す限り水平線の絶景・・・!のはずだったのですが、
ド雨ド風でえらい目にあっちゃいました。。。
晴れてほしかったなあ。

炭焼きレストランさわやか 焼津店


そうだよ狂気の2日連続さわやかだよ、参ったか!フハハハハ!

2回目にはフォロワー様から、『ソースを掛けずに自分で付けて食べる』という
裏ワザっぽい食べ方を教えて頂きました。

店員さんからソースを掛けてよいか問われた時に、
「自分で掛けます」と云うだけです。

そうすることで、ソースが入った容器にハンバーグを
浸して食べることが出来るのです!すげえ!
あとソース付けずに食べてもやっぱり美味しい!!

大満足の食べ放題の旅でした。
普段は新幹線や飛行機からチラ見するだけの富士山もタップリ見られて静岡たのしいです。

幸せの音色

最後にさわやかな動画をおいておきますので、
好きなだけ味わって下さい。

Comments are closed.