走りだすiPhone5s計画

SIMフリーiPhone4S+Docomoを使っている私ですが、
docomoからついにiPhone5sが登場したことにより、リプレイスを検討しています。

なのでSIMフリーiPhone4Sからdocomo iPhone5sに買い換えるために色々調べるというのが、
このエントリの趣旨です。(超ニッチ)

SIMフリーのiPhone4Sをdocomoで使うため、
かつては様々な環境構築を行いましたが、
それが却って障壁に・・・。

mopera Uモード

iPhone4Sを使う上では契約必須です。
『パケ・ホーダイ for iPhone』を契約する上では不要です。

docomoメールの課題

未だにgmailを着信拒否されたりしますので、
ガラケーとの互換性のためにdocomo.ne.jpを使う必要があります。
当然iPhone4Sではspメールを使えませんので、iモードを別途契約、
さらにiモード.netを契約し、自宅にメールサーバ(imoten)を立てて
gmail経由でiPhoneに転送
しています。(あああ、めんどくせえ!!!)

iPhone5sにするとiモードを契約できないので問題になります。
おまけに現在使っていないspモードのメールアドレスが
iPhone用に昇格されてしまい、現用のiモード用のメアドが使えなくなるらしいので、
解約前にiモードとspモードのメールアドレスを交換する必要があります。

spモードでVPNが張れない課題

出先iPhoneから自宅PCで録画設定したりする時、
RDPを外部公開せざるを得なかったのですが、
さすがにセキュリティ上危なっかしいので、
YAMAHA RTX1000を導入してVPN(PPTP)を張るようにしました。
が、『spモードではPPTPセッションが張れない』という仕様の前に断念・・
・・と思いきやmoperaで接続すればOKでした。
逆にmoperaではテザリングができませんが、その際だけspモードに切り替えればOK。

iPhone5sにするとspモードになるので逆に問題になります。

ぶっちゃけ使い方の問題と言われれば終わりなのですが、
私がスマホに求めるレベルは無闇矢鱈と高いのです。
どちらかというと自分自身で難易度をあげているのです。

上記の課題を解決しないことには安心して機種交換も出来ないので、
対応策を練ってみました。

docomoメールの課題の対策

iモード解約に備え、予めspモードとiモードのメールアドレスを交換します。
(ドコモショップでやってもらえる?)

iPhoneでspモードメール(.docomo.ne.jp)とgmailを併用し、imotenは停止。
2013年12月に提供予定のクラウド版docomoメールに移行。

・・もともとiモード.netは2015年にサービス提供終了(=imoten使用不可)するので、
いつか避けては通れない道だったでしょう。
逆にimotenを停止できるというのも、運用上大きすぎるメリット。
とはいえdocomoが腰を上げるまでの間に、
imotenという素晴らしすぎるプログラムを作成された作者さまに敬礼。

spモードでVPNが張れない課題の対策

『AndroidのVPN接続阻む2つの壁』
http://www.telecomi.biz/pdfs/tc_1105_7.pdf

上記の文献の通り、spモードではPPTPを使用したVPNは張れない。
残るはIPsecとL2TPですが、なんと、iPhoneのIPsecは
CiscoのVPN装置としかやり取りできない
という素晴らしい仕様。
設定画面でCiscoのロゴ出てきて「変なのー」とは思ったのですが。

残るプロトコルはL2TP、じゃあRTX1000に設定追加すりゃいいじゃん
・・ってRTX1000はL2TPに対応してねえ!?

この状況でVPNを張るための選択肢は2つ。
A:SoftEtherを入れたVPNサーバを建てる
B:RTX1100に買い換える

出来たらBがトラブルなくて良さそうですが・・・お金掛かるし、
この前Raspberry Pi導入したからAを試してみる感じでしょうか。

『家に安全に繋ぎたい』とか、『iPhoneでdocomoメール使いたい』とか、
願い事はシンプルなはずなのに、我ながら「どうしてこんなことやってるんだろう」
って思えてくる不思議。

Comments are closed.