ショルキーにiPhone音源を無理に搭載した

先のライブイベント『サウンドテスト0003』でショルキーを使用したのですが、
MIDIの外部音源にiPhoneアプリ『bs-16i』を使用しました。

過去にも使った事があるのですが、床に置いたりしてケーブルだらけで
危なかっしいたらありゃしない。

なんとかショルキーに搭載できないか考えた末思いついた手段、それは・・・。

マジックテープ

ネジだとかハンダだとか、技術力とか一切不要!
超不器用系男子にはうってつけの解決法です。

【必要なもの】
・iPhone用ハードケース(見切りセール品 30円)
・マジックテープ(ダイソー 100円)

【作り方】

1.ダイソーのマジックテープを半分くらいに切断します
  iPhoneケースに収まるくらい

2.SHS-010のYAMAHAロゴの部分にテープを貼ります
Be6Ub3lCAAAfc57.jpg-large

3.iPhoneケースにも貼ります

4.貼り付けます
Be6VNUGCYAEAejk.jpg-large

5.完成!

実際に使用している場面はこちら
shoulderkey

結構動いても落ちることはありません。
MIDIケーブル類もショルキーのバンドに挟むようにケーブリング出来るので荷重負荷も掛かりません。
ショルダーキーボードのMIDIコントローラーをお使いの方には、結構お勧めかも?

以上、ショルキーの近代化改修でした。

Comments are closed.