ギター持ってないのにギターアンプ THR5購入

ワタクシゴトながら12月頭というと誕生日とかであるため、
「自分へのご褒美(笑)」を買ってしまったりします。
(去年はショルダーキーボード
まあ、Wii U(黒)もしれっと予約していたのですが。

今回プレゼントとして選んだ品はこちら。

▼YAMAHA THR5
THR5
YAMAHAのギターアンプです。
ギター持ってないくせにギターアンプです。

何に使うのかというとEWIとかショルキーを刺して音を歪ませてみると、
音が変わって面白いのでは等と思ったためです。
あと、単純にちっちゃなスピーカーが欲しかった。

当然ギターを持ってないのもあり、エフェクタとアンプの違いとか
名前通り程度にしか分かっていません。
お勉強を兼ねて買ってみたところもある・・のかな?
あと、見た目がツボを突いてくるようなレトロ調でとてもカッコ良かったのも大きいです。ちっちゃいし。

日本橋のジョーシンテクノランドで19800円の定価で売られていたのですが、
なんとDMで届いたPCサプライ10%割引券を適用する事が出来、
ほぼネット最安値の17820円で購入する事が出来ました。
USB端子ついてるとはいえ、PCサプライなのか、これ・・?
USB付いてるので、パラメタをPCで修正できたり、PCに取り込んで録音や加工することも出来るようです。

ACアダプタ電源のほかに電池駆動も可能で、単三電池8本で動きます。
市販のアルカリ電池で試してみたところ、3~5時間くらい動き続けてプツンと切れました。
出力音量もかなりパワフル(5W + 5W)であり、
スタジオで行うセッションの大音響の中でもEWIやショルダーキーボードの音が十分に聞こえるほどの音量でした。
私はヘタクソなので、隠れてる程度の方がうれしかったりするのですが。
ヘッドフォン端子もあるので、夜中でも使うことが出来ますね。

なお、端子はINPUT、ヘッドフォン端子のほかに3.5mmのAUX入力端子があります。
これは独立しておりボリュームつまみや、一部を除くエフェクタの効果を受けません。
(THR10には専用のボリュームつまみがついて操作することが出来ます)

これは何に使うのかというと、音楽プレイヤーを繋げて再生するとスピーカーから同時出力されて、演奏の伴奏に使うことが出来ます。
また、単純に高音質なスピーカーとして使うことも出来ます。

YAMAHAはこのTHRとiPhoneを組み合わせて使うためのアプリもリリースしています。
▼THR session
THRsession
https://itunes.apple.com/jp/app/thr-session/id485607882?mt=8
しかも無料。最近のYAMAHAは太っ腹だなぁ。

主な機能として
・ABリピート
・ピッチを保持したままの再生テンポ(~50%)
・再生ピッチ変更
・高音、または低音の抑制
ホントにこれ無料で良いのかってほどの耳コピ特化アプリです。
私は短期間で覚えるときはこのアプリに頼っています。
別にこのTHRと組み合わせなければいけない訳ではなく、
実際私もこのアプリを使ってから、THRというアンプがある事を知りました。

以上、ギター弾かない癖にギターアンプ買っちゃった奴の紹介でした。
ちなみに電源ONすると真空管のように、ポワァとなんちゃって照明が点灯し、
暗闇で起動すると、この暖色照明がまた格好良いのです。
LED

PCからの設定でOFFにも出来ますよ。

Comments are closed.