ゲーム音楽イベント「サウンドテスト0002」参加レポート

今年の3月23日に大阪で開催されたゲーム・ミュージックイベント『サウンドテスト0001』ですが、
早くも7月13日にも2回目となる『サウンドテスト0002』が開催されました。
それも札幌で。

で、なんとそれに大阪から参加して来ました。大阪→札幌。
アホです。

って訳で飛行機に乗り、いざ試される大地 北海道へ。
何気に飛行機一人で乗るの初めて。
re06_L3tfimTiAkXaG_HjfYqmv2a1kNx2X2dGPHFU54,yNybebLqU8sAqadtMe_OI0wc-YOynGXZ9KpDPOKRDLI

思えば札幌は4回くらい行ってるのですが、全部冬であったので夏は初めて。
夏の北海道の気候たるや素晴らしいもので、一切ジメジメがありません。涼しい!
亜熱帯と評される大阪とは大違いです。
この時期に人々が殺到する理由を実感しました。
そのせいか、Peach航空がANAより高くなることも初めて知りました。

【サウンドテスト0002】
d4AHZCfVi6taVcTZodI25WU_enCY7oIehtAEYel4D-Q,hqKiQ_4lYkZODKf43L1fGtxxVv3GKSOeZjeWrJRDNGQ

いつも滅茶苦茶お世話になっている関西&関東ゲー音部さんなのですが、
札幌ゲー音部さんには初めて伺いますので、実は知らない人ばかり。
周りを見渡すと遠方は兵庫より1名、大阪より2名、名古屋より1名。
そう、関西ゲー音部から4名もの人が北海道に馳せ参じたのです(私含む)
すげえっ!

★札幌ゲー音部

本家のライブレポートはこちら。(音源付き)
http://ge-on.2-d.jp/spr/?p=279

■気になった曲(全部素晴らしかったけど)

・ミネルバトンサーガ
ミネルバトンサーガの曲をアイリッシュサウンドにして演奏されました。
やべえ、クオリティが半端無く高い。もう圧巻。
実はミネルバトンサーガの曲を初めて聞いたのですが、一発で頭の中に入るスバラシイ演奏。
ただでアイリッシュサウンド大好きなのでもう、良い意味で唖然としました。来てよかった。(早い)

・グリーングリーンズ(毛糸のカービィ版)
アンデスとピアニカを片手で2つ持ってる人がいる!純粋に凄え!
私と違ってプロフェッショナルなオカリナや、アンデス、
ピアノ、ピアニカを始めとして、アコースティックな音が・・

混ざりてえ!

最前列で聞かせていただいて何ほざいてるんだという感じではあるのですが、
それはもう、生殺し感半端無かった事だけお伝えいたします。
他のゲー音ライブや演奏会とか見に行って「凄い!」とは思っても
「混ざって演奏したい!」という気には、まずならないのですが、
そういう気にさせてくれるライブというのは、
やはり『ゲー音部』の魅力的な所なのかも知れません。

・けけラグタイム〜ヨッシーアイランド アスレチック
来た!!ヨッシーアイランド アスレチックとか俺得すぎる!!
けけソングも大好きなのですが、ヨッシーアイランドは幼少の頃から聴き続けている曲でもあり、
思い入れが半端無いのです。
けけラグタイムから流れるようにヨッシーアイランドのアスレチックへ。
あああああ、混ざりたい!!!(くどい)

・スペランカー
札幌ゲー音部ラストの曲は、何と関西ゲー音部の3名もステージに出させて頂く運びに!
気づけばステージのどセンターに立たせて頂いており、当日打ち合わせ無しとは言え、恐れ多い限りでした。
思えば札幌ゲー音部の皆様にはこの演奏の後、ご挨拶させて頂きましたので、
合奏→飲み会でご挨拶という流れがもう、演奏で会話するというゲー音部っぽいナントカであります。(日本語話せ)

なお、事前には「関西ゲー音部で2周よろしく」という指示のみが与えられてました。
そのため3日ほど前に、関西組で2時間ほど打ち合わせを行ったのですが、
15分ほどで構成が決まり、後の1時間45分は好き勝手に遊んだのであります。

■Multi-Tap
公式サイト:http://multitap.bufsiz.jp/index.html
ゲームミュージックに歌詞をつけて歌いまくるレトロゲームアレンジバンドの皆様。
カービィのグルメレースなんかどんどん音程が高くなっていくわ、
演奏中は全員ジャンプ(ドラマー含む)しまくるわ、
チャレンジャーアレンジを作曲者の目の前で歌って土下座するわ、
あえて事前に動画を見ずに観ていたのですが想像を超えるパワフルさに終始圧倒されました。
特にボーカルの方が激しい動きをしているにも関わらず、全曲歌いきっており、
それはもう「タフすぎてソンはない」ってな感じでした。(どんな感じ)

オール1ブラザーズ
最後はオール1ブラザーズのお二人(国本剛章氏+テンドウ氏)
今回は演奏&歌だけではなく、北海道限定公開「北海道弁の歌」などの企画コーナーも!
名詞や動詞の北海道弁と標準語を対訳するという参加型企画だったのですが、
参加者はほとんどが北海道在住でいらっしゃっる訳ですが、数少ない大阪府民のワタクシとしては、
対訳が無いとサッパリ分からないという恐ろしいコーナー。
とりあえず「とうきび」はサトウキビではなく、トウモロコシの事だという事が理解できてよかったです。

どうでも良いですが、自動販売機で売ってる「とうきび茶」がメチャクチャ美味しかったですので、
北海道に行った皆様は買って飲みましょう。

その後、札幌ゲー音部の皆様には二次会等でたくさん遊んで頂いたり、
夜の気候は(亜熱帯の)大阪と比べて非常に涼しいし、
「ああ、もうクソ暑い大阪に帰りたくねぇ」という感情が沸々と出てきたりしたのですが、
郊外を歩きまわってる際に、ほぼすべての家でオイルタンクが完備されている様を見て、
「私には生き残れる逞しさは無い」とスゴスゴと帰ったのでした。

▼郊外ほっつき歩いて見つけたドット絵(JR白石駅)
PlkrRNtaGHdhdgV8iS3S_sfDsA6Jnw19rbFDnRZvozA,jWS7npMglmbKqWXXA7ZmCQsamkJ9RNxnEn8mRVNQkHE

北海道&札幌ゲー音部最高。

Comments are closed.

© 2012-2019 kishiwadapeople All Rights Reserved