正規手順による白ロムGalaxyS3aのSIM FREE化


※docomo系のMVNO SIMの場合、
SIMロック解除不要らしいです。
海外SIM使うなら必要。
うーん、損したー(^_^;)

iPhone4SにIIJmioのSIMを刺して月額980円で運用していましたが、
いよいよiPhone5sに乗り換えましたので、iPhone4Sは引退する運びとなりました。
引退したiPhone4Sに刺さっていたIIJmioのSIMを、
コレまで使っていたGalaxyS3aに刺して、おサイフ携帯とかで活用できたらいいなとか思いついたので、
SIM FREE解除してきましたというエントリになります。以上。

docomoから出ているスマホに限らず、
どこのキャリアでもたいてい「SIMロック」を掛けられています。
これが掛けられていると、他のキャリアではそのスマホを使えない。
例えばソフトバンクで買ったスマホでは、
docomoのSIM(通信カード)を刺しても使用する事が出来ないのです。

IIJmioはMVNOなので、事実上docomo網を使っているのですが、
やっぱりキャリアが違うのでdocomoのスマホと云えども使用する事が出来ません。
幸い(?)docomoはスマホのSIMロック解除サービスを有償で受け付けていますので、
これを使ってGalaxyS3aをSIMロック解除、つまりSIM FREE化してきました。

【必要なもの】
・端末
・身分証明書
・現金3150円
上記を持ってドコモショップへ行きましょう。
ヨドバシとかじゃやってもらえません

さて、私は契約上、iPhone5sの前はP-07Dを使っていましたが、
あまりの使いづらさに、中古のGalaxyS3aを購入し、これを満足して使っていました。
つまり、今回は白ロムのSIM FREE化をする事になります。
最初、応対する店員さんはどの端末を使っていたかの履歴を確認されようとしますので、
予め話しておくと事がスムーズに進むかと思います。

店員さんから注意事項(一度解除すると、再び戻すことは出来ない)などの
説明を受け、いざ実行。
手順としては
1.スマホのIMEI番号確認
2.電源落とす
3.現行SIM抜く
4.SIMロック解除用のSIMが用意される
5.店員さんの端末に解除パスワードが発行される
6.店員さんがパスワード入力
7.SIM FREE化
という感じで、ところどころスマホ自体のロック解除を求められた以外は、
ほぼすべて店員さん作業です。

作業後、MVNOのSIMを挿入してAPNを作成すると、フツーに使えました。
ちゃんとLTEも掴んでいる。

課題としてはセルスタンバイ問題。つまりずっと圏外表示状態になり、
かなりの勢いでバッテリーが減っていってしまいます。
root昇格して設定を変更する事で対応可能らしいので、
ゆくゆく調べてやろうとか考えております。

Comments are closed.